読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HGトランジェントガンダム製作記#4(塗装編)

DSC_3092

塗装編と言いつつ改修の残作業も少し。

 ニュートラルグレーの1,4を持ってなかったので揃えてなんとなく満足した画像です。

 

まずはGNパルチザン

DSC_3103

この先端を切って落とされたような造形。

普通のプラなら延長したりするところですが、

GNドライブ部分のクリアパーツと同じく削りこみでシャープ化することに。

 

尻尾側のクリアパーツ。

DSC_3118

前回もですが、手順としては

鬼斬(粗め)で左右の両側から先端に向かって削る。

・先端がある程度尖るようになると、今まで削っていたエッジ部分が平らになっているので、薄くなるように面に沿って削る。

・上のを表裏繰り返してある程度シンメトリーになるようにする。

という手順でやっています。

 

 

前?の方も処理。

DSC_3120

右が加工後です。

こちらのパーツは先端がぶっつり切られてるようなっているので、

ハサミの内側の辺の頂点を軸にしてニッパーでざっくり切り取ってます。

(説明が下手くそ)

既存のラインを使ってシャープになるように余分なところを削っちゃったわけです。

新しく出来たラインを軸にさっきと同じくシャープ化しました。

 

以前シュヴァルベグレイズのクローをバルバトス用に作った時も同じ方法を使いました。

 

 

で、塗装。

DSC_3093

あんまり写真を残してなかったのでレシピだけ・・・。

 

サフ:タミヤファインサーフェイサー

白 :(F)ファンデーションホワイト

グレー:(G)メカサフヘビー

グレー2:(G)ニュートラルグレー2

青:(G)マイザーパープル+(G)純色シアン

 ※(G)・・・ガイアノーツ、(F)・・・フィニッシャーズ

 

段落ちになっている箇所はエナメルのジャーマングレーで筆塗りしました。

装甲裏は同じくジャーマングレーをエアブラシで吹き、その後拭きとってます。

 

参考記事。 

torimaru.hatenablog.com

 

 クリアパーツ。

DSC_3102

左が塗装済みです。

ガイアの蛍光ブルーを塗装してから、光沢トップコートを厚めに吹きました。

1000番程度で処理したものでしたが、しっかりとトップコートを吹けばコンパウンドなどを使った研ぎ出しをしなくてもなかなかの 透明度になりました。

 

クリアパーツのデカールは試してみたかったガイアノーツのホログラムシルバーを使ってます。

自分はヨドバシで頼んだのですが、このデカールのシート自体が大きくこんな状態で届きました・・・。

DSC_3097

DSC_3098

よくよく比べると内側のプチプチの分中は狭くなっていて、

ギリギリ入りきらないんですよね。

見た感じ無理矢理入れられたみたいですが・・・。

責めて台紙部分を折って欲しかったです。

 

 

話は戻って本体。

DSC_3104

本体にはいつも使っているハイキューパーツのRB02を使用。

折角の真っ白い機体なのでパステルブルーを使ってみました。

以前キマリスを作成した時にパステルパープルの主張が弱かったのですが・・・。

まぁ今回もそれほど目立ちません。

腿のグレーの台形のところの右側に貼ってたりするんですが見えないですね。

 

しかし赤コーションのデカールとか貼るのはイメージと違うなぁ、ということもあり。

目立たなきゃそれはそれでアニメっぽいからいいかな、ということで。

 

あと全身のコンデンサの内側は付属のシールを貼っています。

下手なことするよりもしっかり反射してくれるので見栄えもいいです。

 

最後にトップコートを。

今回はよしひこさんのを参考にさせて頂きました。

砂吹きにならないように気を使ったのもあり、

滑らかで上品なツヤになったと思います。

蛍光クリアによって発色もよく見えるような。

特にブルーの部分。

 

トップコートについては色んな人の色々レシピがあるので、

用途によって上手いこと使い分けたいですね。

 

後ろからチラ見せ。

DSC_3107

今回のカラーリングですが、多少グレーを増やしたりしてます。

といっても二の腕の肘側の箇所とコネクタの上、肩の接続部の上くらいです。

もうちょっと増やしてもいいかな、とも思ったのですが既存のラインでは余り思いつかなかったので保留。

あんまり黒くなってもトランジェント!って感じしないですしね。

 

表面粗い箇所とか結構あって反省しまくり(毎回)ですが、

写真で見るとそんな悪く無いですね。

 

実はまだ武器の塗装が終わってないので、ちゃちゃっと終わらせて完成としたいです。

相変わらず撮影スペースがない。

 

ボケボケの写真でお別れ。

DSC_3105

 

 

 

へば。

 

 


広告を非表示にする