読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HGターンエーガンダムシン製作記6(完成編)

DSC00533

∀ガンダムシン、完成編です。

 

 

torimaru.hatenablog.com

 前回記事がこちら。

・・・4ヶ月位経ってるんですね。

左腕の関節が折れて中断してたんですが、

パーツ請求してやっと修復できたので完成。

 

胸の塗がちょっと荒かったので、落としてからリペイント。

DSC_2487

 

黄色意外はマスキングで頑張りましたがやっぱ漏れが・・・。

DSC_2488

 

んで完成したのがこちら。

DSC00532

キットの説明書とは違い、セイラマスオ氏のカラーリングを参考に。

主に各部の白残しの当たり。

スミ入れは全体的にダークブラウン。

青い部分はクリヤーブルーで施しています。

もっと淡いブラウンでも良かったかもです。

 

後ろ。

DSC00535

特徴的なスラスターベーン。

めっちゃカッコいい・・・。

外側とかかとの部分が白。

バックパック部がシン専用のカラーリングで。

 

 

本編読んでなかったのでターンエー的なポーズ。

DSC00529

ハイディティール な平手ついてると見栄えが良いです。

肩内部は目立つダボを切り取り。

内側をジャーマングレーで塗装して締まるように。

 

スネ部分の黒い奴は(面倒なので)ミラージュシートを貼りこみ。

センサーっぽくしてます。

 

最後にぺかーっと。

DSC00534

 ツインアイと頭部の∀は蛍光で塗ってるので光ります。

うむ・・・よい。

 

総括。

スタイルには手を加えずほぼ塗装のみでした。

改めて見ると塗装面が荒いです。

コレは昨年末に焦って作ったのもあるんですが・・・。

あとは合せ目消しや後ハメのクリアランス確保が出来てなかったです。

色々割れちゃってます。

 

キットとしては、ストレートに組むだけであのセイラマスオ氏のディティールが再現できるのはとても楽しい。

素立ちさせて眺めてるだけでも良いキットです。

しっかりと塗り分けると情報量がより多くなり、達成感もひとしお。

後ハメ加工はちょっと難しい箇所もありますが、

しっかりとすりあわせしておけば問題なく熟せる範囲だと思います。

 

工作自体は2週間ほど、完成までは4ヶ月かかっちゃいましたがコレにて完結。

 

MGにも投稿してみました。

 

へば。

 

HGBF 1/144 ターンエーガンダムシン

HGBF 1/144 ターンエーガンダムシン

 
広告を非表示にする