2016春クールアニメ感想とか

DSC_2826

春クールのアニメも終わっちゃったんでぼちぼち感想でも。

 2016年春クールも終わってしまいました。

はやいもんです。

個人的には良作が多かったです。

 

視聴した(しようとした)一覧の記事はこちら。 

torimaru.hatenablog.com

 

 2クール以上ので現在も放映中のものについては割愛。

 

見たのが以下の作品で、太字が良かったと思ったもの。

==============

ふらいんぐうぃっち
少年メイド
坂本ですが?
甲鉄城のカバネリ
ハンドレッド
三者三葉
くまみこ
ばくおん!!
文豪ストレイドッグス
あんハピ♪
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
うしおととら(3クール目)
宇宙パトロールルル子
影鰐-KAGEWANI-
テラフォーマーズ リベンジ
田中くんはいつもけだるげ
キズナイーバー
ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン
とんかつDJアゲ太郎
コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG
アクセル・ワールド(再)

迷家-マヨイガ-

ジョーカー・ゲーム

 

==========

 

ふらいんぐうぃっち

言わずもがな激推しの作品。

原作ストックからしてどういう構成で1クールやるんだろう?

と少し不安になりながらも視聴してみると背景の綺麗さ、作画の丁寧さ、独特の間、原作キャラクターの魅力が存分に引き出された良い作品でした。

 

某4コマ漫画雑誌によくある大袈裟な日常系ほど突飛ではない世界感。

(実はあのへんちょっと苦手です)

弘前という場所に根付いた舞台での出来事にしたことで

緩やかだけど、ちゃんと地に足の着いた空気感があってとても好印象です。

 

自分の地元を題材にしたって贔屓目は大いにありますが、

それを差し引いても良い作品でした。

 

 

宇宙パトロールルル子

今石監督の作品。

もう「今石洋之サイコー!」以外の語彙がなくなります。

 

なんと言っても勢い。

これですべてが解決してるといっても過言ではないです。

TRIGGER作品やGAINAX作品を知ってる人にはニヤリとするネタも多々あり楽しめました。

勢いだけか!というとそういうわけではなく、しっかり最後にまとまって終わるのでとても心地よかったです。

 

キズナイーバー

こちらもTRIGGERの作品。

しかしTRIGGERらしからず(?)繊細かつリアリティのある背景が目を引きます。

「人の痛みを知ることで絆は繋がれるのか?」

「人の痛みを知ればその人のことが理解できるのか?」

など様々なことを投げかけてきます。

最後にかっちょんが辿り着いた答えとは?

 

自分はよく電車で移動中にアニメを見るのですが、この作品は涙腺が刺激されすぎて危なかったです。

捕まらなくてよかった。

 

キャラデザがたまらなく可愛いです。

OP、EDの演出もかっこよく、且つ可愛い。

キャラクターの一部のみにピントを合わせる表現は京アニなどでよく見られますが、

また違ったオシャレさがあります。

 

ファンであったBOOM BOOM SATELLITESの最後の曲がこの作品のOPという点も大きかったです。

 

 

とんかつDJアゲ太郎

ジャンプ+で連載中の作品。

CMも含めてこの作品だと思ってます。

とんかつ屋の店長さん(たぶん)の棒読みセリフが癖になる。

とんかつ屋でのサンプリングした音源でのMIXもめっちゃかっこいいです。

 

本編では豪華な声優陣による演技が。

DJを題材にしたギャグ漫画ではあるのですが、純粋に音楽への興味も唆られました。

 

 

ジョーカー・ゲーム

ちょっとダークなスパイ組織のお話。

三輪士郎キャラ原案でこれまたカッコいい。

 

オムニバス形式で各話が進んでいくのですが、最終話へ至る構成には脱帽。

結城中佐のかっこよさが際立ちました。

上手く説明できないですが、カッコいいんです。ハードボイルドで。

 

 

・コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG

いや~やっぱ良かった。

最終話の前夜祭イベントも行きました。

慈朗どうするんだこれ・・・と思いましたが杞憂でした。

綺麗にまとまってくれました。

 

正義とは何か?超人とは何か?慈朗とは何か?

色々な事に決着がつきました。

 

この作品の懐もめっちゃ広いので、何かしらの媒体でこの世界観を見続けていたいなぁと思いました。

 

 

以上簡単な感想とかでした。

 

へば。

 

 

広告を非表示にする