HGバルバトス第5形態オプション製作記7(デカール編)

DSC_2132

 ぜーんぜん進みません。デカール

作業的にはあまり進んでないので、デカールはるときのTIPSを。

  デカールワーク時に使ってるものは以下のとおり。

  

フィニッシュマスター

フィニッシュマスター

 

 

  

Mr.マークセッター MS232

Mr.マークセッター MS232

 

 

Gツール D174 Mr.塗料皿 10枚入り

Gツール D174 Mr.塗料皿 10枚入り

 

 

塗料皿には水を入れておきます。

 

まず貼りたいデカールを切り取り。

水に浸します。

時間は3~5秒くらい。

あまり長いとノリが取れてしまって、上手く貼り付けできません。

 

デカールを取り出したら、キムワイプ(ケイドライ)の上に放置。

ケイドライのほうが柔らかく、ツールの手入れするときも水をよく吸ってくれるので最近はケイドライばっかり使ってます。

 

デカールを筆で少し触ってみて、ちょっと動くくらいになるまで置いておきます。

 

その間に貼付け面に対してマークセッターを塗ります。

あまり塗りすぎるとノリの跡が出るので、チョンチョンと適量を。

デカールの大きさにも寄ります。

 

デカールのふやけ具合がいい感じになったら接地面に貼り付け。

右手にピンセット、左手に筆を構え

筆でデカールを抑えつつ、ピンセットで台紙を引き抜きます。

ここを丁寧にすると調整が楽です。

 

筆で微妙な位置調整をして位置が決まったら、最後にフィニッシュマスターを寝かせて

コロコロと転がして水分を押し出してあげます。

あんまり強く押し付けるとフィニッシュマスター側にデカールがついてしまうので注意。

優しく転がします。

 

以上でデカール貼り付けは完成!

自分はこんな感じでやってます。

 

デカールの固め張りとかしてガッツリ情報量上げるのとかやってみたいですね。

へば。

 

 

広告を非表示にする