読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HGガンダムレオパルド・ダ・ヴィンチ製作記4(塗装編)

色塗っちゃいますよ。

DSC_1825

串刺し作業めんどいんじゃ~~。

 

 

胸部やらスリッパ塗ったんですが、表面が全然ダメだったので。

DSC_1817

 

ジップロックしてシンナーにドボン。

DSC_1818

以前は1パーツだけ溶剤で剥がしてみたりしたんですが、

このくらいの量だと完全に剥がれる感じではなかったです。

 


 

Twitterで頂いた情報だと塗装を剥がすには「ガソリンの水抜き剤」がいいとのこと。

生憎近くにホームセンターがなかったので今回は試せませんでした。

 

っていうか水抜き剤ってなんなの?車乗ってたけど聞いたこと無いぞ?

と思ったらこんな記事。

 

carlifefan.com

カーグッズにありがちなオカルトアイテムっぽいですね。

古い車には必要だった、との記述もありますが。

 

水抜き剤の主成分であるイソプロピルアルコール、というのが作用するみたいですね。

しかしwikiイソプロピルアルコールの頁を参照すると

「プラスティックを侵す場合もある」

と書いてあります。

 

要実験です。

 


 

閑話休題

 

ざっくり基本色など。

DSC_1826

白は適当に作りおいたモノを使ってます。

ガイアEXホワイトにグレーとか少々。

その他の黄色、赤はバルバトスと同じです。

 

装甲の一部を塗り分け。

DSC_1827

ガイアのニュートラルグレー3?だったかな。

にちょいとグレー足し。

 

で白装甲の部分は紫でスミ入れ。

DSC_1829

タミヤエナメルのクリヤーレッドとクリヤーブルーを混ぜて。

もうちょっと白っぽくしないとあんまり目立たないな・・・。

 

足。

DSC_1828

バーニア部塗り忘れたし横汚かったしいいやーつってドボンしたパーツ。

メカサフライト→マスキング→ピンクサフ→赤

の順で塗装しなおし。

最初からそうしましょう。

 

以上で大体基本塗装はおしまい。

次でデカールとか貼っときます。

 

武器はまだサフ吹きっぱなし。

やらねば。

 

へば。

 

 

広告を非表示にする