読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HGターンエーガンダムシン製作記1(準備編)

(FIX)HG∀ガンダムシン ガンプラ

タイトル通りターンエーガンダムシンを作ります。

DSC_1555

 

ターンエーガンダムシンとは・・・と1から説明するのもあれだし

HJ本誌の企画は読んでなかったので割愛します。

 

プレバンであのセイラ・マスオ氏のディティールが再現されたキットだぜ!

 

って感じ。

淡い色、「マスオディティール」と言われる超絶モールド。

あの作例に憧れがある人にはたまらん一品です。

 

詳しくはイカを参照。

http://gundam-bf.net/hhib/

 


 

で、今回の制作方針ですが

・基本的に素組。プロポーション等の変更はなし。

・合せ目消しはする

・カラーリングはマスオverで

 

3点目について。

キットのインストとHJ2015年9月号のセイラ・マスオ氏オリジナルのシンでは配色が違います。

更にHH(ホビーホビー)での作例も異なります。

更に更にHJ2016年1月号(何故か公式HPは2016年11月25日発売との表記)

のカラーリングも違うのです。

 

インスト→色分けが足りない

HH→そもそも色が違う

HJ→白とクリーム色の配色が逆

 

折角のマスオ氏のキットなのでオリジナルシンリスペクトの配色にします。

とは言えあの淡い配色をラッカーのエアブラシ塗装で再現できるのか・・・?

クソスローペースの自分が年内に完成するのか・・・?

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

・・・この最後のフレーズだとなんとなくどうでしょう思い出す。

へば。


広告を非表示にする