読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【バトスピ考察】バトスピに於ける”特殊召喚”について。

バトスピ考察

忘れそうなのでここを使ってメモ。

参考:今日もSummoning-Sickness


スピリットやブレイヴの効果処理はどのタイミングで行われるのか、
という問題。

まず効果のおさらい。

北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン/The BigDipperDragon? Sieg-Apollodragon 


スピリット
6(3)/*/神星・星竜
<1>Lv1 5000 <3>Lv2 8000 <5>Lv3 11000
Lv1・Lv2・Lv3『このスピリットの召喚時』
自分の手札にあるブレイヴカード1枚を、コストを支払わずに召喚できる。
この効果で自分のブレイヴが召喚されたとき、自分はデッキから1枚ドローする。
【合体時】Lv3『このスピリットのアタック時』
BPを比べ相手のスピリットだけを破壊したとき、相手のスピリット1体を破壊する。

バルカン・アームズ / Vulcan Arms 


ブレイヴ
5(青2緑2)/青/造兵
<1>Lv1 5000 <0>合体+5000
Lv1『このブレイヴの召喚時』
自分はデッキから3枚ドローする。その後、自分の手札2枚を破棄する。 


北斗七星龍を使ってブレイヴを召喚した場合の処理は

?北斗七星龍召喚、コスト支払い。
?維持コアを置き、ブレイヴ召喚効果を発揮。
?ブレイヴを召喚。
?北斗七星龍の効果で1枚ドロー。
?効果で召喚したブレイヴの【このブレイヴの召喚時】発揮。


cf.)剣の誕生地がある場合。

剣の誕生地/The Birthplace of the Sword 


ネクサス
4(2)/赤
<0>Lv1 <1>Lv2
Lv1・Lv2
【転召】するとき、このネクサスを疲労させることで、
系統:「星魂」を持つ自分のコスト3のスピリット1体の上のコアすべてを指定場所に置いたものとして扱う。
Lv2『自分のメインステップ』
ブレイヴが召喚されたとき、自分はデッキから1枚ドローする。
このネクサスがLv2で配置されている場合は、
?北斗七星龍の効果で1枚ドロー。の後に
?’剣の誕生地のLv2効果で1枚ドロー。
という処理が入る。


==============




しかし北斗七星龍がユニゴーントだった場合は。

星角獣ユニゴーント/The StarHornBeast? Unigaunt 


スピリット
4(赤2青2)/赤/皇獣・星魂
<1>Lv1 3000 <3>Lv2 4000 <6>Lv3 6000
Lv1・Lv2・Lv3
相手によって自分のスピリットが破壊されたとき、
自分の手札にあるブレイヴカード1枚をコストを支払わずにスピリット状態で召喚できる。
Lv2・Lv3
このスピリットの効果でブレイヴが召喚されたとき、自分はデッキから1枚ドローする。
?ユニゴーントのブレイヴ召喚効果発揮。
?ブレイヴを召喚、そして【このブレイヴの召喚時】発揮。
?ユニゴーントLv2,3の場合はその処理。


という処理になる。


結果として処理の順番が異なるのは、
北斗七星龍は「ブレイヴのコスト踏み倒し召喚からドローまでが1つの効果」だから
という解釈でいいのだろうか。








=====




以上を踏まえて

Q3:このブレイヴをスピリット状態で召喚するとき、召喚時効果で「BS08-X32翼神機グラン・ウォーデン」を召喚したとき、
このブレイヴを【転召】の対象に指定できる?
A3:はい、【転召】の対象に指定できます。
の解釈を。
以前はこの効果ではマネキキャット自身は転召の対象にできない、という裁定でした。

そしてwikiには、

この効果で【転召】を持つスピリットを召喚することができるが、マネキキャットしか場に出ない場合、召喚時効果の解決中であるこのブレイヴは転召のコストにはできない。
ブレイヴ召喚時効果の発揮中はスピリット状態のブレイヴとしては扱われないため。

との表記。
効果を確認すると、


マネキキャット/Manekicat 


ブレイヴ
5(緑2白2)/緑/剣獣・機獣
<1>Lv1 3000 <0>合体+3000
Lv1『このブレイヴの召喚時』
自分の手札にある緑/白のスピリットカード1枚を、コストを支払わずに召喚できる。
ただし、『このスピリットの召喚時』効果は発揮されない。
合体条件:神星/光導/星魂
しかし公式ルールナビからの回答は、

【回答】デザイナーズ回答を読み上げます。

    マネキキャットの効果は,召喚するスピリットを提示する部分で

    効果が完了します。なので,転召の処理をする時点では,

    すでにマネキキャットは召喚を完了しておりスピリットになっているため,

    転召の対象に指定出来ます。

という裁定に落ち着いた様子。
これらを自分なりにまとめると、

?マネキキャットをコストを支払い召喚。
?【このブレイヴの召喚時】発揮。
?グラン・ウォーデンを提示し、(コストを支払わずに)召喚。
※この時点で既にマネキキャットは”スピリット状態のブレイヴ”としてフィールドに存在。
?グラン・ウォーデン召喚による転召の処理。

と言った感じに。














・・・なんか自分で纏めていても良くわからなくなってきた。
取り敢えず数字の順番で処理する頭があれば大丈夫かな。


感覚としてはカードの効果を処理し終わるまでは次のカードの処理は行われないので、
一枚一枚きっちり処理していけば難しいことはない。
と言った感じかな。

もっと普段から気をつけていきましょう。

広告を非表示にする